日本各地に根付く病的かつクリエイティブな偏執狂アーティスト達がここに集結

死神ざくろが贈る、健全な鼓膜を破壊するコンピレーションアルバム第一弾!

Industrial,Abstract,Gabber,Electronica,Scum,Metal noise,Death

沖縄、山口、三重、函館、各都市で日々自らの魂を削り、音の危険度を増してゆく・・・

 

参加アーティストプロフィール

track 1. Zyune_T / UNDER-1 【listen】

Zyune_T

1996年にRotterdam Technoと出会い、音楽の道を盛大に踏み外したGABBER HEADZ。
1998年より沖縄でNewstyle Hardcoreを軸としたDJをスタート。
また、DJスタート当初よりトラックメイキングも行う。
MainstreamHardcoreを軸にロックやヘヴィメタル、
HIP HOPなど様々なジャンルを大胆にサンプリングした攻撃的サウンドで、
縦横無尽なプレイを展開させる重度のガバキック病患者である。

 

 

track 2. komoto shinichi / !!!…???→ⓡ 【listen】

komoto shinichi 

奄美出身チンピラメタリストコモトシンイチ。
マッチョさが介在しないそのチンピラっぷりは気弱/マッチョ/不思議系を問わず
全国の猛者に溶け込みまくっている。

zeroreality/ソウル兄弟に参加。
主はメタルギターによる即興ノイズ、もはやホームレスなのかオシャレなのかチンピラか、
はたまたヴィジュアル系とも思しき格好でメタルギターを鳴らす。
その他にもDJやデジタル機材による演奏も。

殊に今は無き防府labで行われた任天堂DSによる2時間弱に渡り
【3音だけの8ビット音を一定間隔で繰り返し鳴らす】演奏では、かのチェリスト坂本弘道に
「こいつは大バカ!死ね!!」と「こいつは凄い!!お前天才だよ!!」と10分ごとに
天と地の評価を交互に頂くという快挙を成し遂げる。
そのフットワークの軽さも特筆すべき所で、山口防府市在住ながら、
自分のライブでもないのにひょっこり東京/大阪/福岡などに現れる。
その音楽趣向は大きくメタル/HCに傾いており、
カレーに鰹のタタキ/炊き込みご飯にマヨネーズなど、味クラッシャーの異名も持つ。
「なんでもええがな」が口癖。

 

 

track 3. eerie tv's / ノイズでノー listen

eerie tv's 

沖縄県は具志川発の轟音インストバンド[The welcomes]の突然変異メダパニユニット。
多数の機材/エフェクト群を操り、即興演奏にて不可思議で、
なにやら縁起の悪いグルーヴを生産、暗躍中。スピーカーピカー!!!!!!

 

 

track 4. 黒死病ギロチン / 第666福竜丸事件 listen

黒死病ギロチン [死神ざくろ]

沖縄のインダストリアル/コンクレート/破壊音響作家。
音楽による抽象表現ならびに凶悪なダダを追求し、沖縄を拠点に活動中。
LIVEでは、建設現場等で採取した録音素材テープ、 サンプラーやマイク、
自作ピックアップ、金属板等を使用。
作曲による呪縛を排除した退廃的音響ユニット[毒死魔-DOKUSHIMA-]としても活動中。
世に対する怒り・憎しみを無意味な音で表現するインダストリアル・エイリアン卍

 

 

track 5. Osaka / Oshima listen

Osaka 

謎多きテクノDJ。

 

 

track 6. 鬼× / eso listen

鬼× [死神ざくろ]

1999年4月結成。

 

 

track 7. pinoknw / views of meteor listen

pinoknw

モテたい一心で10代からDJ修行開始。
スクラッチダイエットで20キロの減量に成功し、
DMCやVestax等のバトルコンテストでは好成績を収め、ついでに嫁もゲット!
沖縄屈指のHIP HOP DJとして名を馳せるも、その枠に入りきらない衝動を抱え悶々。

 

 

track 8. DJ棺桶 / 父島人肉 listen

DJ棺桶 [死神ざくろ/TERRORVISION]

1997年に怪奇音楽クリエイターとして活動開始。
故・宜保愛子のビデオ「霊視の世界」に影響を受け、2006年からミニマルヘドロにシフトチェンジ。
CD、アナログ、カセットテープ、ビデオデッキ等を用いて、
ミニマルテクノ+インダストリアル+怪奇音楽を重ねて爆発させる。
沖縄を拠点に人体実験テクノパーティーを主催しながら、今日も仲間と一緒に笑っています。
http://www.myspace.com/djkanoke

 

 

track 9. EMUNIKO / Mud listen

EMUNIKO

函館在住のテクノDJ。
ク リックやミニマルな音を軸としつつ、ジャンルにとらわれない選曲が魅力。
繊細さと大胆さを兼ね備えたミックスワークを展開し、グルーヴで独自の空間を創 る。
DJ棺桶氏との親交により、沖縄で過去に3度のDJプレイをしている。

何気ない生活から受けるインスピレーションをもとに、
自分のフィルターを通した音を日記帳に綴るかのごとくひっそりと創ってきた。
コンセプトは立てず感覚のみで創るが、
出来上がってみるとそのほとんどがエレクト ロニカやアンビエントな音に偏る。
公にすることは今まで無か ったが、DJ棺桶氏の呼びかけにより今回のオムニバス参加を決意した。

 

 

track 10. 溶解かまぼこ / kamaboko_1 listen

溶解かまぼこ

生きていた中絶児2人組。
黒夢発コンラッド・シュニツラー行きの男と、エルガイム発B'z経由ジャーマンロック行きの男が、
カラオケにて「アッキーナ可愛い」とか言いながら、マイク持たずに黙々とKORG ELECTRIBEを弄る。
行き先はミニマルかインダストリアルか?それとも、重箱の隅っこ行きか!?
水産加工練り物大使になるため日々模索中!

 

 

track 11. KENASON JAHSON / DNA RISING listen

KENASON JAHSON [SCUM RIDERS RECORDS / BUNKER BUSTER]

『光と闇の混沌融合爆発』をテーマとした『啓示的黙示録音楽』プロジェクト。
2005年春、夢の中でキチガイ導師から聞いたマントラを元に活動開始。
ライヴに重点を置き、名古屋を拠点に活動中。
http://www.geocities.jp/vorn/

 

 

track 12. 骸骨剃羅首 / 霞ヶ関にゲロを吐け listen

骸骨剃羅首 [愚民ぷろだくしょん]

MTRと地声を使用したコラージュ製作や、自作アニメ声優などもこなす。
サザエさんとバビル2世ネタで帝都崩壊を目論む!!!
http://youtu.be/80RBE1zxZxM

 

 

track 13. TABQURIA / KUMESEN WHITE HOUSE listen

TABQURIA

非実在ロックユニット。夜の不純物。
酒のお供に。
http://xo777txqx.at.webry.info/

 

 

track 14. Paul&McCatney's / eir 2 listen

Paul&McCatney's

えがおがすてきなふたり
これはごにんのおんがくです。
http://soundcloud.com/thom233

 

 

Label: 死神ざくろ
Catalog#: ZAKURO 5_CD
Format: CD, Album
Country: Japan
Released: 2011.9.13
Genre: Destruction music
Style: Industrial, Abstract, Gabber, Electronica, Death

 

収録曲:(曲名をクリックすると試聴出来ます。)
01: Zyune_T  / UNDER-1
02: komoto shinichi / !!!…???→ⓡ
03: eerie tv's / ノイズでノー
04: 黒死病ギロチン / 第666福竜丸事件
05: Osaka / Oshima
06: 鬼× / eso
07: pinoknw / views of meteor
08: DJ棺桶 / 父島人肉
09: EMUNIKO / Mud
10: 溶解かまぼこ  / kamaboko_1
11: KENASON JAHSON  / DNA RISING
12: 骸骨剃羅首  / 霞ヶ関にゲロを吐け
13: TABQURIA / KUMESEN WHITE HOUSE
14: Paul&McCatney's / eir 2

税込価格 ¥2,160(本体価格 ¥2,000)

お求めは、各参加アーティストから直接購入するか、死神ざくろ通信販売・お取り扱い店舗にて♪

 

 

 

シリーズ第二弾 V.A. JAPANESE SICKNESS 2

シリーズ最終章 V.A. JAPANESE SICKNESS 3

 

このページのTop

by 死神ざくろ sinigamizakuro